大阪市淀川区に本社を構える信和建設は、ワンストップで解決できるのが強みです。単に建物を建築して終わるだけの建設会社ではなく、時の売買、企画、設計、建築そして、建築後の経営までノンストップでサポートしているのです。仲介管理事業から貸会議室、温浴施設、フィットネスクラブ、マンション、テナントビルの経営、介護施設、ホテルなども経営しています。今回は、信和建設が選ばれる3つの事例についてご案内します。

提案力

信和建設では、様々なな事業展開を行うことで、幅広い経営スキルを培うことに成功しています。そのため、顧客からの細かいニーズにも的確に応える提案力が高いのです。ワンストップで、要望を解決する体制ができているため、最適な方法で無駄な時間をかけずに最大限の提案を実現してくれます。また、ワンストップにすることで、費用も抑えることが可能となります。土地の売買から建物の管理まで1か所で相談することができるため、ストレスを感じることなく相談できると評価されています。

募集・管理力

マンションオーナーになっても、入居率が低いと安定した家賃収入を得ることはできません。また、建物のリノベートや入居者とのトラブルなど、1人では解決することが難しい事例が多くあります。信和建設では、建築後の建物の管理・運営を効率的に行い、高い入居率を維持するノウハウを持っています。更に、建築後にかかる光熱費をできるだけ安く抑えるための設備を提案し、無駄なコストをかけないようにも行っています。

こういったことは、環境保全にもなると考え積極的に省エネ型の建築管理を採用しています。また、建物の清掃や入居者からの苦情・トラブルに関しても他の入居者が不安にならないように管理業務や専門の弁護士との連携を密にとっています。

商品力

信和建設の建物は、住む人が長く安心して居住できる空間を作ることが安定経営に繋がると考えています。そのため、マンションは天井が高い、収納スペースが広い、遮音性が高い、メンテナンスしやすい等を掲げ住みたくなる建物を企画・販売しています。

また、ルネス工法といって、床下に高さ60cmの広い収納スペースや、梁の出っ張りがない広々としたスケルトン・イン住宅により、100年以上長持ちする住宅で商品力を高めています。建物が長く持つと、安定収入を次の世代に遺すことも可能になります。メンテナンスがしやすいと、大掛かりな工事や高額な修繕費の心配も軽減することができます。